Hyplon-10(ハイプロン)とは?

Hypnite エスゾピクロン rozerem ロゼレム メラトニンなど 睡眠導入剤・精神安定剤 について

Hyplon-10(ハイプロン)とは?

Hyplon-10(ハイプロン)は、デパス等同様不眠症治療薬です。
非ベンゾジアゼピン系に分類され、様々な不眠対策に役立っています。
Hyplon-10の有効成分は、ザレプロンです。
ザレプロンとは、睡眠メカニズムを強制していくという効果はほとんどありません。
そういった性質のため、他の睡眠導入剤と比較すると、依存性が非常に低いというメリットが生まれました。
また、服用をやめたからといって、睡眠障害再発の恐れもありません。

ベンゾジアゼピン系の薬は、従来から睡眠導入剤として大活躍してきました。
安全性が非常に高いというメリットのもと、かなりの数売れたようです。
しかしながら、運動障害に若干の違和感が出たり、筋肉弛緩作用が起きたり、ふらついたり、注意力が散漫になったり、構音障害などといった項目の副作用が出る可能性もあることが問題視されてきました。
そんな中、開発されたのがHyplon-10、つまり非ベンゾジアゼピン系の薬となります。
Hyplon-10では、副作用の大幅低減に成功しているため、ベンゾジアゼピン系の薬で失敗したことがある人も、試してみる価値はあります。

Hyplon-10を使用する際には、気をつけなければならないことがあります。
しっかりと遵守の上使用しなければ、思わぬことに発展してしまう可能性があるので、注意しましょう。
まず、睡眠無呼吸症の人、肝臓への重篤疾患を有する人、重力筋無力症の人、重い呼吸疾患を持っている人、胸部疾患を持っている人は、服用が禁止されています。
病気によっては、薬の飲み合わせの関係を考えなければいけないので、何か今飲んでいる薬がある場合は、不定期でも医師に確認を取ったほうが良いでしょう。
ものによっては、自殺との関連性が示唆されているものもあります。
リスクを減らすためにも、相談は必ずお願いします。

そして、Hyplon-10は飛行機での使用も禁止されています。
これは、Hyplon-10と酸素濃度の関連性によるものです。
酸素濃度にあわせて、睡眠時間も考慮に入れていかなければ、旅行者健忘症になる可能性もあります。
気をつけながら、最善の方法で使用していきましょう。