Rozerem(ロゼレム) の副作用は?

Hypnite エスゾピクロン rozerem ロゼレム メラトニンなど 睡眠導入剤・精神安定剤 について

Rozerem(ロゼレム) の副作用は?

どのような薬にも、副作用はつきものです。
そのため、ロゼレムにも副作用はあります。
しかしながら、注意しなければいけないのは、必ず副作用が起きるわけではないということです。
こういったことが起きる可能性がある、くらいに考えて、その副作用が出ないように、用法用量を守って、正しく服用していく必要があるのです。
身体と薬があっていない場合は、副作用が多くおきてしまいます。
飲み合わせなどの関係から、副作用を引き起こしてしまう可能性もありますので、専門の医師にまずは一度相談してから服用するようにすれば、失敗しなくて済むでしょう。

ロゼレムの副作用は、デパス等ほかの睡眠導入剤よりは軽いとされています。
安全性が高いということや、直接睡眠に働きかけるわけではないということから、この副作用の少なさは保障されています。
だからといって、完全に安心しきってはいけません。
知識として持っておきながら、何かあったときに対処できるように知っておくことは大切です。

報告されている副作用としては、眠気やめまい、倦怠感などがあげられます。
これらの症状が起きるタイミングはほとんど翌朝であり、まだ身体がメカニズム改善に慣れていないという場合に、顕著に表れるようです。
依存性などはゼロですので、短期服用でこのような細かな副作用以外は重篤になるものはありません。

長期服用している場合は、プロラクチンの上昇が起きる場合があります。
プロラクチンの上昇が起きると、もちろん一部ではありますが、生理不順を引き起こしたり、性欲減退を引き起こしたりといった、ホルモン系の副作用が認められることがあるのです。
睡眠メカニズムを作っていくうえでは、ストレス要因なども出来るだけ排除し、リラックスできる身体を目指します。
ストレスがたまると、ホルモンバランスが乱れる、なんていいますが、これは実は正しい情報なのです。
そのため、自分の睡眠障害がストレスに起因している場合かつ長期間服用している場合は、この副作用が出る可能性が高いです。