メラトニンとは?

Hypnite エスゾピクロン rozerem ロゼレム メラトニンなど 睡眠導入剤・精神安定剤 について

メラトニンとは?

メラトニンとは、睡眠ホルモンと呼ばれており、睡眠を誘うホルモンです。
1958年に発見され、それ以来本来の名前よりも睡眠ホルモンとして、有名になりました。
メラトニンは、自分の体内のリズムを調整しながら、いかにして睡眠をとるかという部分を司っています。
寝る体制に入ってから、脈拍の調整、体温の調整、血圧の調整を行い、睡眠の準備を行います。
睡眠から覚醒にいたるまで、すべてはこのメラトニン次第といっても良いでしょう。

脳の松果体が、メラトニンを分泌します。
メラトニンの分泌量は、光量によっていて、網膜から感知される光の量から、どのように睡眠し、そして起きていくのかを判断し調整しています。
この松果体から分泌されるメラトニンによって、体は「寝る」という信号を受け取り、寝る体制に入っていくのです。

メラトニン分泌のメカニズムとしては、太陽光が関係しています。
太陽光が朝に目に入ってから、15時間ほどで、メラトニンが分泌され、寝るサインとしているのです。
朝に太陽光を浴びなければいけないというのは、こういったことが関係しているのです。
暗い部屋のほうが寝やすいというのは、メラトニンが夜になるにつれてどんどん分泌量が多くなっていくからです。
眠りにつくタイミングでは、メラトニンは非常に多く分泌されます。
夜中の2時がピークとなり、自然と深い眠りへと誘ってくれるのです。
逆に、朝に向かうと、またメラトニンの分泌が減少していくので、覚醒へと体が動いていく、ということになります。
暗くなったらメラトニンは増え、明るくなったらメラトニンは減るというリズムが、とても重要なのです。
このような毎日の流れが体内で行われ、正常な体内時計とともに、生活リズムを刻んでいくのです。

正確な生活リズムのために、メラトニンは必要不可欠です。
そしてそのメラトニンを正常に働かせるためには、太陽光と睡眠時間がとても重要になってきます。
寝る、という毎日行うただそれだけの当たり前の行動ですが、実はそこには深い生活リズムの真髄が隠されているのです。