メラトニンの副作用について

Hypnite エスゾピクロン rozerem ロゼレム メラトニンなど 睡眠導入剤・精神安定剤 について

メラトニンの副作用について

メラトニンのホルモンバランスによって、体内の生活リズムは正常に保たれます。
そのため、生きていくうえではメラトニンは必要不可欠な存在となりますので、それをうまく利用した、メラトニン・サプリが、近年普及しています。
日本のドラッグストアなどでは、薬事法に基づき、このメラトニン・サプリを販売することは出来ませんが、アメリカなどではもうかなりの数が普及しています。
いまやインターネットなどの便利なツールがありますので、日本でも個人輸入などによって愛用している人が増えつつあります。
少量だとしても、効果がとても期待できるメラトニン・サプリは、少しずつ摂取し、それを継続していくことによって体に補給されていくのです。

ここで気になるのは、メラトニンの副作用です。
本来は体内で生成されるものなので、そこまで外部から採り入れてしまってよいのか、ということです。
モニター研究などがされた結果ですと、何の問題もないとされていますが、あくまで最近普及してきたサプリなので、未知の領域が多くあります。
そのことを踏まえたうえで利用を決定したほうが良いでしょう。

また、メラトニン・サプリに用いられているメラトニンは、天然性のもの、牛などの動物性のもの、人工性のものなどがあります。
一番安全だといわれているのは、人工性のものです。
同じメラトニンなのですが、天然の場合と動物の場合は、人間本来のメラトニンとは異なっているのではないかという見解があるため、人間と全く同じ風に人口精製されたメラトニンが安全だとされているのです。

それでもやはり、メラトニン・サプリは発展途上です。
副作用にせよ何にせよ、確証はまだ確立されているわけではありません。
怖いと感じる人は、まず規則正しい生活から心がけていきましょう。
メラトニンは、体内でも生成されるのです。
メラトニンがしっかりと分泌されるように、生活リズムを整えていくことによって、更に安定した生活リズムをキープできるのです。