昼のセロトニン 夜のメラトニン

Hypnite エスゾピクロン rozerem ロゼレム メラトニンなど 睡眠導入剤・精神安定剤 について

昼のセロトニン 夜のメラトニン

セロトニンとは、神経伝達物質です。
心の暴走を抑え、安定を図る役割を持っています。
セロトニンが足りなくなると、精神バランスが乱れ、暴力的になったり、うつ病を発症してしまったりと、良いことはなにもありません。
セロトニンをしっかりと分泌させるには、生活習慣を見直していくことが第一歩だとされています。
規則正しい生活を心がければ、おのずと自分の身体はそれについてきてくれようとします。
生活リズムを見直しながら、体内から精神安定を図りましょう。

メラトニンとは、体内リズムを正確に保つホルモンです。
安らかな睡眠を得るには、必ず必要な物質となります。
昼にいくら動こうが、何をしようが、疲れをとるのは夜です。
その夜にしっかり寝ておかないと、疲れをずるずると引きずってしまい、体調も壊してしまいますし、精神的にも疲弊していくでしょう。
時間による太陽光をしっかりと浴びながら、体内時計を正常に保つことによって、メラトニンは正しく分泌されます。
生活リズムを見直しながら、快適な睡眠を目指しましょう。

セロトニン・メラトニンの絶妙なバランスが保たれれば、健康に生きていくことができます。
むしろ、健康な人はこれが自然に出来ているのでしょう。
最近妙にいらいらするとか、凹みやすくなったとか、精神的に負担を感じやすくなったら、セロトニンが不足している証拠です。
翌日まで疲れを引きずることに気づいたら、あまり寝た気がしなかったら、メラトニンが不足しているということになります。
気づいたところから直しつつ、毎日のリズムをしっかりと定めていきましょう。

一番やりやすいのは、朝に朝日を浴びることでしょう。
朝起きたら、カーテンを開けるだけでよいのです。
朝日を浴びて、朝だということを実感しながら、体にも朝だということを全力で教えましょう。
寝るときは、できるだけ暗い空間で寝たほうが、体的にもメリハリを感じられるのでベストです。
自分の体を生かすも殺すも自分次第です。
メリハリをもったリズムで生活していきましょう。